お知らせ

【YouTube】 増毛技術 前髪の増毛エクステ施術例(女性編)

2019.07.26 更新情報

平素は当社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。


YouTubeチャンネルに新たに施術の様子とビフォーアフターの動画をアップいたしました。

ぜひ施術の様子、ビフォーアフターの動画をご覧ください。

MT240本

TZK増毛(もっとも人気でオーソドックスなボリュームエクステや増毛エクステと呼ばれる技術)を前髪部分に施術しました。

 https://youtu.be/Goq3NopAuOs

 

【お客様の悩み】
前髪を作って、ハーフアップにするのが定番のヘアスタイル。
前髪は重めに作ってありますが、どうしても前髪の両脇(男性でいうM字部分)の毛量が少ないために、前髪とハーフアップの髪の間に大きなギャップが生まれ、地肌や額の一部が見えてしまっている状態。
前髪を後ろの方向に流れるようにさせて見えてしまう額を隠すように手で流すクセが付いていますが、それでも毛量が無いのでちょっと動いたり風が吹くと地肌があらわになってしまいます。

前髪の中央部分と同じような毛量のボリュームを、前髪の両脇部分にも持たせて、ハーフアップ部分まで前髪がしっかりある状態を作りたい、とのこと。
特に右側が気になっているので、まずは右側に施術を希望。

 

【施術内容】
<使用した人工毛>
MTマットつや消しタイプという、特別な人工毛を使用して増毛エクステを施しました。
より地毛に馴染みもよく、人工毛の太さも基本的なタイプよりも少し細めな作りです。
4本ループを使用して、60輪を結びました(合計240本増えました)。

前髪が透けてしまっている範囲と、現状の前髪の中央部分の濃さから240本と見積もり。
本来、倍くらいあるとより地肌の透け感を改善できますが、240本でも実感あると判断しました。

現状の前髪とのバランスを見ながら適切な箇所に適切な量を施術。
これは、特許増毛協会が28年かけて養ってきた増毛理論です。
少ない人工毛髪で髪をより多く見せたり、生え癖を矯正させるための「増毛ライン法®」という増毛理論です。

施術後は前髪のバランスがとてもよくなりました。

お客様は
「わ!おでこが見えませんね!しかもすごく自然!!!」
ととっても喜んでくださいました。


【次回の施術計画】
今回は前髪の右部分を施術したので、次回は左側のバランスを整えて、右と同じようにハーフアップ部分の髪と前髪の間のギャップを埋めていきます。
左側の方が気になる程度が低いので、左の施術で余った人工毛を今回施術した右部分にプラスして、更に透けている地肌を隠す施術をしていきます。

1~1か月半ごとに左右あわせて240本ずつ増やしていくと、常にいい状態が保てて、朝のスタイルセットがとっても楽になります。

 

お知らせ一覧へ